着信拒否すると不利になる消費者金融の督促

キャッシングベスト3

着信拒否すると利用者が不利になりかねない消費者金融の督促

消費者金融でキャッシングを利用し、返済の予定日を過ぎても返済がなされなかった場合には、当然督促があります。

消費者金融会社によって若干違いはあるかもしれませんが、何の連絡もなく返済日を1日でも過ぎると、督促の電話が入るのが一般的です。契約時に記入した電話番号に連絡が入りますが、たいていは携帯電話が多いのではないでしょうか。見覚えのない電話番号が表示されると、最初は警戒して電話に出ないなんていうこともあるかもしれませんが、利用している消費者金融からだと分かった場合は受け取りを拒否せずに一度通話をしたほうがいいでしょう。

まれに督促の電話が入るのが嫌で、着信拒否をするというケースがありますが、これは利用者にとってもあまり得策ではないようです。消費者金融側も貸した側に連絡を取りたいわけですから、携帯がだめなら自宅、自宅がだめなら職場…というようにあちらこちらに連絡を入れるようになります。せっかく周囲にばれずに利用してきたキャッシングも、突然自宅や職場に電話がかかってきたら自分も動揺してしまい、周りに気づかれてしまう危険性もあります。最初は個人名でかけてきてくれた消費者金融側も、あまりにコンタクトが取れないと、そういうわけにもいかなくなります。

返済に遅れてしまった場合、その後電話連絡が来てしまった場合は必ず応答し、次回返済できる日の相談をするのが一番スムーズな方法です。できれば、こういった事態を避けるために返済日に遅れそうなときは事前に連絡しておくことが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【アコム以外にもあります】便利な消費者金融情報!決定版ですよ! All Rights Reserved.